うつ病の改善は周りの理解が大切|接し方によって悪化する可能性アリ

ポイントを知っておく

カウンセリング

注意点を理解する

うつ病の接し方に関しては、様々なポイントがあります。まずは、うつ病の人を心理的に受け入れていくということです。うつ病の人は、現状に対して罪悪感を持っているケースが多いということから責められるような発言や行動を周囲の人がしてしまうとより状態が悪化してしまうことがあります。苦しんでいる人を追い詰めないということが基本となっています。声のトーンに気を付けていくということも必要です。このトーンが大きかったり、明るかったりするとデリケートになっている神経が敏感に反応してしまうことがあります。そのため、声量を抑えて優しい声で語りかけていくということが大事です。また、うつ病の人に対して言ってはいけない言葉として頑張れというものがあります。頑張れは、現状を肯定している言葉ではないということからこの言葉をかけられるとより追い詰められていくことになります。むしろ現状を肯定する頑張らなくて良いからという言葉を選択する方が良い結果をもたらしていきます。また、接し方としてとにかくゆっくりと休ませてあげるということも重要です。無理をしてきた結果としてのうつ病も多々あります。そのため、まずは休養させてあげるということが事態を好転させていく良い結果になることも多いです。接し方を考えるなら、相手を否定しないことも大事です。否定をする発言や行動は接し方として最悪の部類に入ります。否定をされればうつ病で苦しんでいる人はますます救いが無いと感じてしまう恐れがあります。肯定してゆっくりと休養させてあげるということが正しい選択です。現在では効果的な治療方法や治療薬なども開発されているということから、そうした治療方法を試していくということも重要です。もちろん、本人が嫌がるようなことをしないということが基本としてあります。接し方を工夫していくことで、実際に回復していくということも多々あります。周囲の人の理解というものが、うつ病の治療を進めていく上では欠かせないポイントであるということをまずは周りが知っておく必要性があります。話しを聞いてあげるということも大事だとされています。話しを聞いてあげることや話しを聞かせていくということは、カウンセリングのような効果なども期待することが出来ます。また、ひどい状態であれば話しをする気力も無いという人が多いことから話しをしたいということは、回復している兆しでもあります。外出なども徐々に行っていくと丁度良いリハビリとなります。

Go to Top